めんこが好きなひと、集まれ!



めんこの想い出、語りませんか
投稿お待ちしています。
投稿いただくと折り返しメールがいきます。
※あまりへんてこりんなものはダメです。
(メンコや店主)


こちらからめんこアンケートに記入して投稿してください。
お返事メールを差し上げます



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




きっかけはガンダムでした
ONAMAE = たか


年齢 = 42
角めんこ = on
呼び名 = メンコ
遊び場所 = 東海地方。三重県
遊んだ年 = 小学校5〜6年
コメント = ある日、普通の玩具店で
ガンダムのメンコを発見したときの驚き。


それを入手し、
学校にもっていったところ、ニワカにメンコブームが起こった。


みんなの家に伝わる古いメンコ。
野球選手や力士のメンコが素敵だった。


私も、裏の絵が好きです。





やっぱ、月光仮面でしょ
ONAMAE = もりさとし


年齢 = 56
丸めんこ = on
呼び名 = パッチ
遊び場所 = 北海道天塩郡幌延町 自宅や友達の家&路上
遊んだ年 = 小学3〜5年頃
コメント =
おこづかい貰ったときには
《近所の貸本屋さん》に行って買ってたのが懐かしい!


友達の中にはミカン箱一杯持ってる人もいたが、
私は弱かったので多いときでも20枚位だったような、


中でも月光仮面(オレンジ色のバック)が一番のお気に入りでしたが、
一度も手に入れた事はなかったな・・・




メンコの友は竹馬の友

ONAMAE = かねこたけじ
年齢 = 46才
丸めんこ
呼び名 = めんこ
遊び場所 = 神奈川県藤沢市
遊んだ年 = 小学生6年間
コメント =  日が暮れても汗を飛ばしながら白熱していたのを思い出します。
もっぱら四角い陣地の外にはじき出すルールでした。


ときおり「てば(手場?)」という手ではじき出してしまうこともあり、
熱中していたことを思い出します。


 その相手は今でも友人で、竹馬の友といってよい関係です。


 まだメンコは数百枚持っています。



小学生メンコ名人
ONAMAE = かどしまけんしょう
年齢 = 12才
角めんこと丸めんこ
呼び名 = めんこ
遊び場所 = 教室、路上
遊んだ年 = 小学校六年生


◆コメント◆
思い出というか、つい最近まで学校でブームでした。
学校のみんなにぼくが面子のルールを教えると大ブームになりました。


今では面子は売っていないので、
工作画用紙を重ねて一人一人オリジナル面子を作ってあそんでいました。
休み時間、放課後は当然面子、授業中にだしていてとりあげられたりもしました。


がんばってとりまくりましたのに70枚、
昔千枚もとったという人はどうしてそんなにとれるのかとても不思議です。
最近はろう面子(ローメン)がほしいのですが、売っていません。


父に聞くと昔持ってたけど、捨てたといわれがっくりしました。



メンコは不滅
ONAMAE = かんの
遊んだ年 = 小学生時代
年齢 = 25歳
丸めんこ
遊び場所 = 茨城県 団地の中
コメント =
当時、セーラームーンのめんこがあったの知ってますか? 
折るのがもったいなかった記憶あります。
めんこは金かけました
呼び名 = めんこ


セーラームーンのメンコは持っていないので
画像ありませんゴメン。
もともと女の子絵柄のメンコは少ないのかもしれません。
たとえば、魔法使いサリーチャンのメンコもまだ見たことありません。


戦え、巨大面子!
せのお なおゆきさん
50歳
角めんこと丸めんこ
遊び場所 = 庭のすみ
小学校4年生頃まで
呼び名 = ぺったん
岡山県(県北)


友達が巨大な丸めんこを持ってきました。(もちろん近所のお金持ち) 


絵柄は確かビックXかパーマンだったような気がします。
こちらの手持ちと言えば、巨人のV9戦士の写真パン。
太刀打ちできず、悔しい思いをしたことも…。
小さい台の上で相手のカードを落とす勝負では、
皆で力を合わせて巨大めんこを狙った事を思い出します。


「ほんこ」と「かせ」があり、
「ほんこ」は学校で禁止されたことを覚えています。


※「ほんこ」とは、めんこの勝負でカードの所有権が移動するもので、
もちろん僕たちは「ぺったん」を集めるのが趣味なもので「ほんこ」をしてました。
一方「かせ」とは、所有権は移らず、
終わった後友達に返すあるいは返してもらうものです。
   そうしたことから、親の苦情などもあり「ほんこ」は禁止されたようです。



めんこ、燃やしてしまった
気仙さん
44歳
幼稚園年中〜小3
角めんこと丸めんこ
呼び名 = パッタ
遊び場所 = 宮城県県北


新しいめんこは人気がなく古いめんこのほうが人気がありました。


「黄金バット」、「鉄人28号」、「ナショナルキッド」、「七色仮面」などなど、
ちなみに当時の新しいめんこは「風のからっぺ」、「ばくはつごろう」などです。


小6の時、千枚以上あっためんこを全部燃やした。
代々親戚から受け継がれてきた古いめんこがほとんどで
中学生になればもうめんこで遊ばないだろうと思ったからです。


非常に後悔しています。
たまに古いめんこを目にすると涙が出そうになります。


母親がメンコ捨てちゃって50年
テリトリー1さん
59歳
小学校5〜6年頃?
角めんこ
遊び場所 = 横浜市鶴見区路上

当時、月光仮面がリアルタイムの時代!
私が遊んでいたのは10 0mx100m位の狭いテリトリー(縄張り)


ここには月光仮面のような新しい”めんこ”が、ほとんどだった、


私的には、
もっと古い”小松崎茂”的な”
SF”物が欲しかったので、
200m離れれば別のテリトリー!
よく交換した り、勝負に行った


(勝負の方法はまとめて勝負する「抜き」)
遊びの仕方は何れその内!

・・・そんな事で、集まった”めんこ”みかん箱いっぱい・・・
ある日学校から帰ったら”めんこ”が無い?
・・そう!母親がごみに捨ててしま った(泣;)!


かぁちゃん、ありがとう(怒)
おかげさまで、コレクションの 世界に50年間、はまってしまった!
今は何もコレクションはして無い、
ただ
コレクターに物を売っているだけ!!
これが現在の趣味(仕事)!!






空気メンコを+−発明した
直助さん
36才
小学校5年ごろ
丸めんこ
呼び名 = めんこ
校庭、教室の中、家の前

その当時、私はいろいろな大きさのめんこを持っていました。
主にテレビアニメのキャラクターものでした。
ガッチャマンのめんこが一番大きかった・・・ 
勝負に何とか勝ちたい!と、
よく、


「空気めん」
二枚重ねのめんこで、
中に空気が入った状態のもの
を作って遊んでました。

 
今思えば、あの時もっていためんこ、捨てずにとっておけばよかったなぁ・・・  




しかっぺんと小学生は叫んだ
吉田さん
39才
神奈川 相模原
丸めんこ
小学校3年くらい頃まで


NHK放送の「駄菓子屋少年堂」をみました。
いろいろ思い出しました。


で気になったのは僕らがよくやってためんこがないこと、
まるめんで 仮面ライダーとかウルトラマンが写っているやつ。
5センチ位から20〜30センチ位のもあった気がするんですが、
ネットでもほとんどでてないんですが、
表にはでてないんですかね。
ろうめんが欲しくなりました、
ぴんこって言ってました。


もうひとつ思い出しました。書き忘れた。


四角いめんこは しかっぺん て言ってました。


丸いのが めんこです。
東京と 神奈川じゃそんなに
離れてないような気がするんですが、ずいぶん違うみたいですね。





母はメンコが強かった
木蓮和尚      
     
年齢■33歳■

めんこの種類 ■角(縦)めんこ■
めんこ呼び名■ベッタン■
めんこ遊びした場所■路上や学校の教室■


めんこ遊びした年齢■多分小学2年から数年■
玩具には興味が無い親父が、
私の面子を見るなり、
熱く想い出を語ってくれました。


母親とよく家の中で面子で遊んだそうですが、
幾らやっても母親には勝てなかったそうです。


不思議に思った父は、母親が面子を打つ瞬間、
着物の袖で風を起こしているのが見えたそうで、
その頃の悔しい気持ちを笑顔で語ってくれました。


無口な親父でも思わず語ってしまう面子の力。
私の中での最新の面子の想い出でした。


めんこで燃えた
玩之助(メンコや店主)
1954年うまれ
東京浅草
めんこで遊んだ場所は道路と学校と公園
縦型のめんこ
めんこと呼んでいました
小学校四年くらいの頃
大人になってめんこをやるとは思わなかった。
ちょうどひと夏ほど秋葉原にあるデルタ・ミラージュという
とても神秘的な雰囲気のする
カフェ+画廊に店を移住したときのことでした。
そこは店と同じようにカウンターをつくりリラックスできるようにしました。
それだけでなく畳を少しだけしいてみたのです。
そこには1960年代当時の少年マガジンとか雑誌を置きました。
なかなか好評でその畳でゆっくりする人も増えました。
ある時友だちが来たのでたまたま手に持っていためんこがあったので
めんこでもやろうかと言うことになりました。


久しぶりだったもので自分でもどうもったものやら戸惑いましたが、
もった瞬間めんこ少年に一気に戻りました。
あの湿った手触り
めんこをたおすときの足の置き方
手の振り方
おおなんと、よみがえってしまうではありませんか。
僕はめんこではちょっとしたものでした。
うふふふふ。


それ以来パーティでもあるとこのちっちゃい奴をポケットに忍ばせて
ねえねえ、やろうぜ
と勝負を挑むのです。
そしてなんにも知らない女の子達でも熱くなることを
実は確認しました。
めんこ、やろっ!


めんこ宣言
忍者のイガちゃん
49才
角面と丸めんで遊んだ
めんと呼んでいた
農道、校庭、神社
〜小学校六年まで
早口で,自分が採用したいルールを相手に告げる.
相手も同様の事を言う.各ルールは先に宣言した方のルールで勝負する.
油を染みこませためんを「あぶらめん」とか
ろうそくで固めたものは「ろうめん」というのだが,
手持ちに油面を持っていて試合に使いたい場合には
「あぶらめんもうて」とか「ろうめんもうて」と宣言する.
対し,使ってもらいたくないと思う側では「あぶらめんやらん」「ろうめんやらん」と宣言する.

「あぶらめんやらん・ろうめんもうて」といえば
「油面は禁止・ろう面は使用可」なのだが,この宣言順番にはなかなか知恵を使う.
「すかし」とは相手の面にさわらなければ,
相手の面のしたの地面を面で掘り下げても良いという恐ろしい技で,
互いに宣言しておきたいのだが.自分はこの技を使いたいものだから,
「すかしもうて・すかしやらん」と言わなくてはならない.
が,「すかしやらん・すかしもうて」と言った方が良いかもしれない.
相手がどんな技を得意とするか,
宣言の癖はどうなっているかをよく知ることで
この宣言の順番や内容が毎日変わる.

めんこ専門店メンコや